原智彦を中心に百姓の身体作法(股割り、すり足など)を大切に、音楽、映像、美術の絡み合うサイケデリック全身全霊芝居。
原智彦ブログ「手前味噌」
  • HOME »
  • 原智彦ブログ「手前味噌」 »
  • 日々是々 原智彦ブログ「手前味噌」

日々是々 原智彦ブログ「手前味噌」

【160】祭文亭にて②

大鹿村には昔(40年くらい前)から「端っぽ歩いてる人」、 つまり変わり者、 何かにつけて少数派の人、 世を離れ一人自然に浸りたい人、 世を憂い儚い行く先を案じている人、 吟遊歌手に、特別な技術を持った人などなどがいる。 …

【159】祭文亭にて①

七月十五・十六日、長野県大鹿村「祭文亭」にて。 ここ南アルプスの赤石岳の麓にある「日本で一番山奥で一番小さい劇場」と言っている、 イギリス人サイモンさんのお宅「祭文亭」。 通い始めて4年、今年もやって来た。 何度も続ける …

【158】2018年上半期をふりかえって②

七月七日、足助町怒田沢へ。 奥まった山間にわずか十数戸の家がある。 「怒田沢」の名の通り、雨が降ったら一気に怒ったように荒れる川筋に、 張り付くようにわずかな田んぼと家。 滅多に車も通らない静かというより人口音の全くない …

【157】2018年上半期をふりかえって①

まずは芥川龍之介「藪の中」 6/2・6/3橋の下世界音楽祭にて 正に天然劇場だった。 会場はトヨタスタジアムと矢作川の間の河川敷北の端、メイン会場から徒歩5分。 竹やぶを背に草むらが舞台、川に下る土手が客席。 太い孟宗竹 …

【156】強風ケイコ

5月19日、突然の寒波、前日より10度低い。 それに強風。 その日は大須若宮通り名古屋高速高架下のケイコ。 昼頃からかなりの強風なので、 「今夜のケイコ大変だな、収まってくれるといいな。」の期待も虚しく、 ますます強くそ …

【155】目に青葉

桜の花が散ると、森や林が一挙に燃え上がる。 燃え上がるといっても赤くではない緑、それも黄緑、目が醒める。 「目に青葉」とはよく言ったものだ。 確かに明るい陽につやつや輝く緑はいかにも贅沢なものだ。 未来に一点の不安も認め …

【154】カラスの乱舞

春先になるとめまぐるしく天気が変わる。 寒暖の差も激しい。 ある風の強い朝ベランダに出ると、 黒い雲が風に流され、「風神雷神」の絵図みたいだ。 見とれていると、ビューと目の前をカラスが横切る。 間近でみるとデカイ、1mは …

【153】ヒヨドリvol.1

1.2月になるとしばらくご無沙汰だった鳥達が訪れる。 ヒヨドリとメジロ。 寒い1月、昨年暮れに吊るした「干し柿」の下にヒヨドリの「フン」発見。 「なんでこんなところに?」 頭上には干し柿がズラーっと並んでいる。 もしやと …

【152】サラダ油の才能

寒い。 1月2月、やけに寒い。 本当に気温が低いこともあるが、私のせいでもある。 一本芝居を打つと3キロは体重が減る。 55→52キロ。 お腹の皮が1mmくらい。 脂肪が無くなる。 寒さが響く。 芝居が終わって2ヶ月経っ …

【151】虎の穴

昨年12月の「ベニスの商人」パンフレットに、 2018年予定ー役者養生「虎の穴」実験劇場、と書いた。 書いたのは私だ。 確たるものがあったわけではなく、ナンとなく書いた。 しかも「役者養生」と書いてしまった。 「役者養成 …

« 1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © ハラプロジェクト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.