原智彦を中心に百姓の身体作法(股割り、すり足など)を大切に、音楽、映像、美術の絡み合うサイケデリック全身全霊芝居。

原智彦について

  • HOME »
  • 原智彦について

1946年、長野県に生まれる。20代より美術活動始める。
1970年、県美術館にて「ゴミ」を出品。大問題となる。
その時応援にかけつけた岩田信市氏と出会い、1979年、「スーパー一座」を結成。以後、解散まで座長を務め、一座の全作品に役者の中心として出演する。
2008年、30年に渡るスーパー一座の活動に終止符を打つ。
近年より、歌舞伎役者を通して得た身体(伝統力)を自在に操るユニークなオリジナルダンスパフォーマンスや、国内外の豊富な舞台経験を活かしたワークショップ、美術家・音楽家とのコラボレーション等も精力的に行っている。
2005年にハラプロジェクトを立ち上げるも、翌年2月に胃がんを患い1年間、活動休止を余儀なくされる。
2010年より始まった「パンク歌舞伎」は、 TURTLE ISLAND との強力なタッグで、「マクベス」「リア王」「逆夢」「天守物語」と次々にシリーズを増やしている。
「芝居」というジャンルを超えた表現を追求し、「表現者」としての可能性を追い求めていく姿勢に、多くの者を惹きつけている。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © ハラプロジェクト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.